BLOG ブログ

チェアー再生
2012.02.05
新着情報

こんにちは

KURITA=輸入家具 というイメージが強いのかも
知れませんが、国産メーカーの商品も取り扱います。
そして、家具だけに限らず、照明、カーテン、壁紙、修理
などお部屋づくりにかかわる事を、多岐にわたり
ご提案させて頂いています。

先日、お客様よりご依頼のありました国産の
ダイニングチェアーの修理内容をご紹介します。

10年以上ご使用になられたダイニングチェアーの
座り心地が悪くなってきたとの事。 拝見したところ
写真のようにウレタン(座面内部のクッション的な
役割を果たすもの)が、かなり凹んでいる状態でした。

座面は、座る箇所が一定の場所になる為、長年使用されると
どうしてもその部分だけが凹んできてしまいます。その状態で
腰掛けると、お尻が沈み込みすぎてしまい、その影響で
首、背中から腰にかけての ”S字カーブ” が崩れてしまい
座ると疲れる=座り心地が悪い となると考えられます。

座面の裏側(BEFORE)
座面の凹みをささえるベルト、スプリング、板
などがないため、凹みが出来てしまうと、
加速度的に座面が沈んでいったと考えられます。
座面の裏側(AFTER)
そこで今回は、ウレタンの凹みを
受け止める板を裏側に取り付けました。

そして座面内部のウレタンを交換し、凹みすぎない
元どおりの座面の堅さに戻し、張生地も交換しました。

今回お薦めした張生地

今回は、北海道の旭川で作られた無垢の木の質感を
しっかりと感じることの出来るチェアーなので、張生地も
出来るだけ自然素材の糸を使った生地をご提案しました。

今回お客様が選ばれたのは
一番手前の生地。
ウール70%、ナイロン30%の
素材感たっぷりの張生地。

修理前のダイニングチェアー

そして修理から帰ってきたのが、こちら

座面内部を少し堅めの仕様にした為、座面高が
約2cmほど上がりましたが、座り心地は
大きく改善され、とてもご満足いただきました。

生活の中で、身体に触れる機会の多いチェアー。
少しの手直しで生活の質が大きく向上しますので
”毎日使いながら気になっている” という方は
どうぞご遠慮なくご相談ください。
  
              シンキ でした。

CONTACT
家具の購入やメンテナンスに関するお問合わせ
営業時間 / 10:00~19:00 定休日 / 火曜日
電話でのお問合わせ
TEL. 082-278-9596
メールでのお問合わせ