BLOG ブログ

2016 ミラノサローネ 第五弾 サローネ初日&その夜編
2016.06.01
新着情報

お世話になります。

栗田家具の栗田です。

ミラノサローネ第五段 初日編です。

前回からの続きで、20号館に来たところからです。
この20号館は、かなり知名度の高い有名メーカーが
集結しているパビリオンになります。

なので、必然的に見るだけになるのですが、
人混みの多さに、見るのさえ嫌になる程なので、
Cassina ・ Driade ・ Edra ・ Kartell ・ Knoll ・ Magis ・ Molteni 等々、、、
名だたる有名メーカーがあったのですが、
全く見る気がせず、目の前を通るだけでした。
あと、いちいち、入り口で受付をしないといけないシステムなのが
非常に煩わしいという理由もあったのです。

その中でも数社ほど立ち寄ったところが、

KRISTALIA社
結構な、ハイモダンな家具を作るメーカーです。
ここのデザイン性は、非常に良く、
品質も申し分ない商品を作るのですが、
値段も結構高いんですよね~

このテーブルも綺麗です

このエレファントチェアーは、
本当に綺麗な商品です
個人的には、革張り&木製脚の仕様がBEST

この椅子も綺麗だった

KRISTALIA社のすぐ近くに、
もう一つの目的メーカーを発見
Frag社
椅子の産地、Udineにある高級椅子メーカーです。

あとで気が付いたのですが、写真を撮るの忘れて、これだけしか撮ってない(涙)

前々から、非常に気になったいたメーカー
ずいぶん前にも値段は聞いたことがあるのですが、

カタログを貰い、値段等、一通り聞いたのですが、う~ん高すぎる、無理だ~
この時点で、イタリアメーカーは、なんでこんなにも高いのだろうと思い、
何しにサローネに来たのかと思うほどでした。

そー思っているうちに、いい時間となったので、
サローネ会場を後にしました。

また40分も電車に乗り、ホテルへ、
駅を降りて、ホテルに帰る途中、
ほとんどホテルの前ですが、なんと、幸運にも
ジェラート屋を発見、迷わず入りました。

Ottavo Senso

最初は、必ず、イチゴとマンゴー
この組み合わせは、最強です。
すご~く旨かった~
毎日、帰りはここに寄ろうと決意しました。
それから、ホテルに戻り、
夕食に行く前に、水等を買いたかったので、フロントで、
近くのスーパーを教えてもらい、まずは、スーパーへ、

そこで、炭酸水・オレンジジュース(もちろん赤いオレンジです)・
肉屋もあったので、生ハム (プロシュートと、クラテッロの2種類)
を買いました。

プロシュートを10~12切れで、この値段、
約350円位、安すぎる~
日本で買うとこの量でも数千円はします

クラテッロも10~12切れで、
約500円はしない位です。

水も2Lサイズで、120円位、オレンジジュース1Lサイズが少し高めで、
200円台位です。 やはり、イタリアの物価は非常に安いと感じました。

再び、ホテルに戻り、
今度は、フロントに、この近くの美味しいレストランを教えてくれと聞きました。
フロントのおっさんが、迷わず、AMARCORDの名刺を差し出し、
順路も教えてくれたので、すぐに直行、ホテルから歩いて7分ほどでした。

幸い、少し夕食には早めなので、すんなりと入店、

Ristorante Amarcord
多分、付きだし
トマトのブルスケッタ
なかなか旨い
前菜で頼んだ
マグロとアボカドの???
変わった感じだが、
まあ、まあかな~
スパゲッティーは、
トマトソースが良いと言ったら、
本当に、シンプルなトマトソースだけの
スパゲッティーが出てきた
だが、これが旨くない

どうしても肉が食べたかったので、
メインは、ステーキ、
見た目、すごく旨そう
でも、なんか物足りない感じ
全体的にレアなのだが、
肉の味があまりしない
う~ん
付合わせのポテトは非常に旨かったけど

このレストランは、自分の中では、二度とないなと思い、
デザートは食べずに、退散しました、
でも帰るころには、お客さんは、いっぱい状態でした。

時差ボケでの睡眠不足と、歩きまわった疲れで、クタクタだったので、
とっととホテルに戻り寝ました。

よーやく、初日編終了です。
次は、二日目編になります。

CONTACT
家具の購入やメンテナンスに関するお問合わせ
営業時間 / 10:00~19:00 定休日 / 火曜日
電話でのお問合わせ
TEL. 082-278-9596
メールでのお問合わせ