BLOG ブログ

SCREEN
2013.10.25
新着情報

こんにちは

ひと雨ごとに、秋が深まっていくのがわかる頃。

秋に限らず、一年中、時間を見つけては
昔のクラシック映画を鑑賞するのが好きなのですが、
この季節は、見終えた後に、重たい課題を
つきつけられるように、じんわりと心に沁みこんでくる
ような映画を観たい気分になります。

そういう作品は、ヨーロッパ映画に多いですが…。

例えば
 ・ 1954年のイタリア映画 フェデリコ フェリーニ監督の
   ” LA STRADA (道) ”
 ・ 1970年のイタリア映画 切ない音楽がいつまでも
   耳に残る ” I GIRASOLI ( ひまわり ) ”
 ・ 1997年のイタリア映画  ロベルト ベニー二が
   脚本、監督、主演の3役をこなした
   ” LIFE IS BEAUTIFUL ”  などなど…。

一方、春から夏にかけては、観終えた後に
胸がスカッと!するようなハリウッド映画の気分。

季節によって観たい映画の傾向があるようで。
四季のある地で生まれ育ったからですかね….

と、ここまでは THE SCREEN = 映画の話ですが
インテリアの世界でも
SCREEN = ついたて、間仕切り があって
場面によっては、欠かせないアイテムのひとつです。

スクリーン : W154 x H183 cm

広い空間に、視覚的に区切りをつけたい場面、
あるいは、ちょっと退屈な雰囲気的の空間に動きを
つけたい場面などに活躍してくれるアイテムです。

例えば、こんな感じ

 サイドテーブルの上にテーブルランプを置いて
雰囲気をつくる場面。 それだけでも、十分に
きれいな空間にしてくれるのですが、さらに
動きや装飾性を求める場面では、上の画像のように
バランスの合うスクリーン(ついたて)を組み合わせると
より効果的です。

アール・ヌーヴォーのスタイルで
合わせたイメージ。
家具や調度品がたくさんあるお部屋では、
雑然とした空間になりがちですが、
お部屋のコーナーに背の高いめの
スクリーンを設置することで、空間を
引き締めてくれる効果もあります。

どんな場面でも、活躍する! というアイテムではないですが、
それが必要とされる場面では、周囲のアイテムを引き立てて、
より装飾性豊かな空間づくりが可能となります。

映画の中でも、たびたび見かけるSCREEN (ついたて、間仕切り)
いい刺激を受け、とても参考になります。

                    シンキ でした。

CONTACT
家具の購入やメンテナンスに関するお問合わせ
営業時間 / 10:00~19:00 定休日 / 火曜日
電話でのお問合わせ
TEL. 082-278-9596
メールでのお問合わせ