BLOG ブログ

ソファを選ぶ時の重要なポイント
2019.08.08
ソファのある暮らし

今日のくりかぐブログは

ソファーを選ぶ時!!のポイント

 or 

 

人間はそれぞれ体型が違います

単純に女性と男性と比べただけでも

身長・体重が大きく違います

 

お客様の体型にあった

座り心地はとても重要です

 

 

新しい色の革で新入荷した

大人気のソファー

Model-Alba

ロータイプで高級感のあるソファー

 

このAlbaソファー

見に来られるお客様が

けっこう多いんです

 

先日も

このソファーを目当てに

来られたお客様と

いろいろと話しました

 

 

ご主人は身長も高く

とても大柄な方で

奥様は日本女性の標準体型

 

奥様は

Albaソファーに座って

とても気持ちよさそうで

とても気に入られていましたが

 

ご主人はそうでもない様子

 

 

でも

こちらのソファーに座ると

Model-JD

優雅な形の高品質ソファー

 

ご主人は

すごく楽そうに座られて

気に入られました

 

 

なぜ

この違いがおこるかというと

 

座面の高さ

背クッションの高さ

座面の中材の違いなど

考えられます

 

 

 

Model-Valorは

ロータイプソファーです

座面高36cmとちょっと低め

背クッションの高さは41cm

座面部分の奥行きは55cm

 

このように

座面と背面が低いタイプなので

背が高い方にはちょっと

座りにくいようです

 

あと

『ソファーにしっかりと埋もれて座りたい』と

思われる方にも不向きです

 

 

座面が硬めの仕様で

奥行きがあるので

座面の上であぐらをかいたり

寝転んだりして

くつろぐソファーにと考え

デザインされています

 

もちろん

きちんとした姿勢で座っても

楽に座っていただけます

 

 

一方

Model-JDは

座面高は40cm(通常)

背クッションの高さは50cm

奥行きは53cm

 

 

大柄な男性でも

ゆったりと座ることが出来る

フンワリ感を感じさせるソフー

 

 

ちょっと高めの背クッションなので

ソファーにしっかり埋もれて

座ることが可能です

 

 

大柄なご主人には

ロータイプは難しく

全体を包み込んでくれるタイプの

ソファーの方が適していました

 

フンワリ感を感じさせると言っても

座面はけっこう硬めです

硬さとフンワリ感の両方が

感じられます

 

 

ちょっとした違いなのですが

座り心地は

数センチの違いが

かなり大きな差を生むんです

 

 

タイプの違う2種類のソファー

 

ソファーにより

座り方・くつろぎ方が異なります

 

座られる方の体型とくつろぎ方でも

全く違ってきます

 

ソファーは

実物に座って確認しないと

本当に難しいと思います

 

ぜひ

栗田家具で

実物に座り

体感して確認して

お決め頂くことをおススメいたします

 

 

 

お気軽に

お問い合わせください

最後まで広島の家具屋
KURITAのブログを読んでいただき
ありがとうございます

こだわりの家・上質でいいものを
お探しの方に満足いただける
商品とサービスをお届けする
広島のインテリアショップです

 

 

 

①末永く使っていただける家具

②上質な家具

③快適に暮らせる家具

を輸入もの 国産もの 問わず

厳選して展示・販売しております

お陰様で

広島で家具を販売させて

いただいております

長くお使いいただいた家具の

家具修理も承ります

広島のインテリアショップ

栗田家具 広島へ

 

CONTACT
家具の購入やメンテナンスに関するお問合わせ
営業時間 / 10:00~19:00 定休日 / 火曜日
電話でのお問合わせ
TEL. 082-278-9596
メールでのお問合わせ