BLOG ブログ

カーテンの生地 と 椅子の張り生地 ウィリアム・モリス編
2019.04.21
家具メーカー

広島の家具屋

KURITAのブログを読んでいただき

ありがとうございます

 

こだわりの家具・上質でいいものを

お探しの方に満足いただける

商品とサービスをお届けする

広島のインテリアショップです

 

 

ウィリアム・モリスの

いちご泥棒

 

ウィリアム・モリスのデザインの中でも

不動の人気を誇るデザインのひとつが

1883年作の『いちご泥棒』

 

 

モリスは別荘のあった

ケルムスコットマナーで

いちごを栽培していましたが

収穫期に食いしん坊の鳥たちに

次々と食べられてしまいます

 

 

いちご泥棒のデザインは

このような日常の暮らしの中で

起こっていた小さな悩みから

インスピレーションを受け

誕生しました

 

 

本当はちがう種類の鳥だったのですが

モリスはこの鳥を愛らしいツグミに

替えてデザインしたそうです

 

※ モリスの手記に記述されています

 

 

 

ウィリアムモリスの生地

実は

日本でモリスの生地を

買おうとすると2つのメーカーが

販売しているんです

 

 

それも全く品質の違う生地なんです

 

 

1社目は

マナトレーディング

マナトレーディングが扱う

ウィリアムモリスの生地は

本場のイギリスから

取り寄せた輸入生地

素材は綿100%

製法はプリント

特殊で綺麗なプリントなんです

 

 

2社目は

川島織物・セルコン

川島織物が扱う

ウィリアムモリスの生地は

ライセンス契約で日本で作られた

国産生地

素材はポリエステル100%

製法は織り

織り生地なので高級感が凄いです

 

 

同じいちご泥棒の生地でも

全く品質と雰囲気が違うんです

 

 

どちらが良い悪いと言う事はなく

どちらも非常に良い品質の生地です

 

 

イギリス製の生地は

落ち着いた感じでマットな仕上がり

本場ならではの風合いがあります

色感がすごく綺麗です

 

 

日本製の生地は

織り生地なので高級感があります

光沢感もすごくあるので

すごく良い生地だと思います

 

 

あなたはどっちの

いちご泥棒が好きですか?

 

 

お部屋のカーテン

壁紙もあります

クッションを作ることも可能

ソファーや椅子の張り生地に

使う事も出きます

 

※ 張り生地は出きる生地と

  出来ない生地があります

 

 

ウィリアムモリスの生地に

興味のある方は

ぜひ御相談ください

 

 

 

①末永く使っていただける家具

②上質な家具

③快適に暮らせる家具

を輸入もの 国産もの 問わず

厳選して展示・販売しております

お陰様で

祖父の代より広島で

家具屋として家具を販売させて

いただいております

 

ながくお使いいただいた家具の

家具修理も承ります

広島のインテリアショップ

栗田家具 広島へ

 

 

 

 

 

 

 

 

CONTACT
家具の購入やメンテナンスに関するお問合わせ
営業時間 / 10:00~19:00 定休日 / 火曜日
電話でのお問合わせ
TEL. 082-278-9596
メールでのお問合わせ